不妊治療の悩みを吹き飛ばす~原因や解決法を伝授~

これから

男女

横浜の産婦人科では産婦人科医の不足によって病院の中で産婦人科だけなくなるというケースもあります。また個人の病院でも妊婦の健診は行っているけど、出産は別の病院で紹介をするという事もあるので、妊娠がわかったら、分娩先を決める必要があります。

詳細を確認する...

夫婦の悩みと解決法

女性

不妊治療にはいくつか種類があり、原因を解明すると共に適切な治療を行います。現在では体外受精を選択する人も増えており、今後医療の発展と共に一般的な治療法になると思われます。大阪などでは不妊治療だけではなく心のケアも同時に行う病院があり、ストレスなどによる影響を低下させる取り組みが行われています。

詳細を確認する...

子供はほしいけど

子供と母親

不妊治療はだんだんと高度になってきておりその治療費は医療保険がきかないことから高額になってきています。そのことから不妊治療をあきらめる人も奈良では多くなってきています。このようなことでも出生率が年々減少していく原因ともなっています。

詳細を確認する...

不妊症の解決方法

不妊症のメカニズム

男女

女性の社会進出と共に晩婚化が進み、不妊症で悩む夫婦が増えてきました。 不妊症とは、妊娠を希望し、適切な性生活を1年間行っているのにも関わらず、妊娠の成立が確認されない場合のことです。避妊をせずに性生活を送っていた場合、結婚後半年で70%、1年で90%、2年で100%近くの女性が妊娠するのが一般的です。結婚後数年間、性生活を送っているが、子供ができないというケースは、すでに不妊症ということです。 不妊症は病気ではなく症候群です。症候群とは、症状はあるのに原因が明確に分からない場合のことです。実際、問題が見られなくても不妊症というケースもあることから、現在の医学では、不妊症のメカニズムは完全には解明されていない状態です。 不妊症の原因として考えられるのは、年齢的な問題もありますが、受精障害や着床障害といった、妊娠のプロセスのいずれかの段階での障害です。これらの障害は、不妊治療によってアプローチすることができます。

アプローチのしかた

タイミング法は、一般的に最初に用いられる不妊治療法です。排卵日を正確に予測し、その日に性生活を行います。最も自然で、推奨される方法です。費用は数千円で、妊娠率は5%から6%です。成果が得られない場合は、排卵誘発剤を併用することもあります。 次に用いられるのが、人工授精です。濃縮させた精液を、人の手によって女性の子宮内に注入する不妊治療法です。費用は数万円で、妊娠率は7%から9%です。 最後の手段として用いられるのが、体外受精です。身体の外で精子と卵子を受精させ、子宮内に戻す不妊治療法です。卵管の閉塞が原因の場合に有効です。費用は数十万円で、妊娠率は30%以上です。体外受精の1種として、顕微授精というものもあります。これは、身体の外で受精させる点は一緒ですが、受精の際にガラス管等を使って、精子を卵子に直接注入する点に違いがあります。精子に運動不良が見られる場合に有効です。